2018年06月20日

中国ECフェア2018」ライブ配信視聴

JETROのみならず、セミナー大国・日本。
プログラム.png
毎日毎日、どこかでセミナー会場で講師が活躍する国。
今日のJETROライブ配信では「中国ECフェア」がありました。雨のふる日、赤坂のJETRO会場に行かなくても、オフィスでも電車の中でも聴けるわけです。
DSC06915 (2).JPG

今日の登壇者でおもしろかったのは、「資料をSNSで発信お願いします」という会社もあれば、「SNS禁止」とプレゼンテーション資料のトップページに書いてある会社もあり、、。
どんどんSNSで発信して、と言っていた「JD.com 京東⽇本株式会社」の資料です。この機会を会社PRに役立てようという熱意が感じられ、まさに「中国式ビジネス」の姿勢です。ライブ配信であっても、企業カルチャーもしっかり伝わるので、プレゼン資料の配布や本だけではない利便性を感じます。
IMG_7691.PNG
しまろぜソリューションズでは、スタッフ内で毎週「Googleハングアウト」を使って定例ミーティングを行っています。例えば私がフランスに出張していた昨年11月も全く問題なく東京側とライブ画面上でミーティングができました。PCやモバイルスマホ、機器もといません。でも取引先の企業には言いにくいような、、。そのうち潮目が日本も変わるでしょうか。
posted by 川崎まさみ at 15:22| JETRO

2018年06月11日

大神落語・神奈川宿の州崎神社

山王祭りを日本橋や京橋で、ウィークデーの金曜日・6月8日に遭遇。
仕事場所が東銀座にかわって早4ヶ月を実感。(前のシェアオフィスがあった、横浜の弁天通も山車が賑やかな写真を開港資料館で見たことがありましたが、今はやってませんし。)
日枝神社のホームページには、スマホアプリで神輿の場所がリアルに地図で出てくることにも驚き。
インバウンドの外国人観光客もカメラを向けている東京のど真ん中。
DSC06836.JPG

週末6月10日には、地元の横浜・神奈川宿の州崎神社でお祭りの囃子が。
これも全くの偶然で通りかかり、夜六時から大神落語「三遊亭京楽師匠」という看板に遭遇。
台風接近で土砂降りの雨の中、夜行ってみると本当に落語やっていました!
IMG_7383.JPG

傘から雨粒が跳ね返ってくるような強い雨の中、落語家の皆さん、神楽殿の中から噺つづけ、2時間を演りきってました。噺をしている側から私たちは全然見えないはずで、雨の音にかき消され、笑い声も反応はたまた姿すらも見えないと思われる中、あんな風に噺つづけるとは。
IMG_7390.JPG

実は州崎神社ことでは自宅でネット検索してもホームページ上でも観光情報や市役所など情報がまったくなく、行ってみないとわからない、ということにも驚き。赤坂の日枝神社の情報発信ツールの充実さとは月とすっぽん(とあえて言わせていただきますと)。

どっちがどうと比べることはさておき、噺家の迫力に、その場を立ち去ることができず最後まで聴いたこと、ブログに書き留めさせてください。


posted by 川崎まさみ at 14:00| 横浜

2018年06月04日

6月2日・横浜開港祭の花火

毎年6月2日は横浜港の開港祭り。梅雨前に見る花火ショーは少し不思議です。
IMG_7217.JPG

明治時代に横浜の平山花火が、日本から米国へ出願登録した特許の第一号。
その事務所のあった横浜弁天通は、「しまろぜ」の最初のスタート場所(F−SUSよこはま)でした。
人によってはどうでもいい話かもしれませんが、私の場合、なんとなく先人の気概が背中を押してくれているような気がしていました。
開港時代の関内_LI.jpg

以前に見たテレビで、日本の花火師の人が「HANABI(はなび)」という言葉を世界中でそのまま通じる言葉にしたい、と言っていましたが、出願の時は「FireWorks」です。しかも昼花火という、おもちゃが空中に飛び出して落ちてくる、という今では想像できない花火です。

昼花火のおもちゃ

アメリカでの販売契約
タグ:横浜 時事
posted by 川崎まさみ at 14:24| 横浜